読書によって獲得した知識や経験などを客観的に知ることができる

 


本を読んで役に立った・面白かったという経験は誰にでもあると思います。


そのような本は本棚に大事にしまわれていることでしょう。


本棚を有効活用する方法」でも紹介したように、読んで面白かった本・役に立った本だけを本棚に並べていくと、本棚は自分が獲得した知的資産が収納されることになります。


つまり、本棚に並ぶ本というのは、自分が獲得した知識や楽しかった経験、新たに得られた生き方のモデルなどが詰まった宝箱と思っていいでしょう。


本棚に手を伸ばせば、いつでも自分が獲得した知識を再確認することができます。生き方に迷えば、悩みから解放してくれた本をもう一度手にとることもできます。面白かった本を再読して、もう一度楽しさを味わうのも悪くないです。


役に立つ本や面白かった本で本棚がいっぱいになったとき、いい人生を歩んでいるような感覚が味わえ、少し自信を持てるような気がするかもしれませんね。成長を感じられるかもしれません。


読書をたくさんするということは、良書にたくさん出会う可能性が高くなるということです。そのような本で本棚がいっぱいになるのを見ることで、自分が獲得した知識や経験などを客観的に可視化し、確認できる効果があると思います。





このエントリーをはてなブックマークに追加