読書の効果

 


読書には一体どういう効果があるのか?読書をすることに疑問を感じている方も、読書をすることが好きな方も、どういう効果が得られるのかを意識しておくと、本を読んだときに得られるものが変わるかもしれません。ここでは、本を読んで得られる効果について考えてみたいと思います。




読書によって言葉が増え、意思疎通ができ、理解可能な世界が広がる


読書をすると自分の中で言葉(ボキャブラリー)を増やすことができます。
言葉が増えるといっても、浅いレベルの増え方から高いレベルのものまで、かなり幅のある奥が深い世界が広がっています。では、読書をして言葉が増えるとはどういうことを言うのでしょうか?
ここでは、そのことについて考えてみたいと思います。

続き:読書によって言葉が増え、意思疎通ができ、理解可能な世界が広がる



情報鵜呑みにせず自分の意見が持てるようになる


いろいろな本や新聞、雑誌などを読むようになると多くの情報が入ってくるようになります。それらをすべて受け入れて自分の物としても単なる「受け売り」でしかありません。でも、読み方を変えると情報に惑わされず自分の意見を持つことができるようになります。どうすればよいのでしょうか?

続き:情報鵜呑みにせず自分の意見を持てるようになる



新しいアイデアを得られる


自分の知らないことであったり、思いつきもしなかったことに出会うには、本は最良の友となるでしょう。「あっ、これ使える!」、「これを試してみよう!」というヒラメキのようなものがやってきます。

続き:新しいアイデアを得たい方へ



過ちを繰り返したくない、より効果的な方法を学ぶことができる


知っておけば犯さなくてもよかった過ちが今までなかったでしょうか?知らなかったがために、まどろっこしい方法で時間ばかりかかってしまったというようなことは、これまでになかったでしょうか。そのような事態を避けるためにも、読書は最大の効果を発揮してくれると思います。

続き:過ちを繰り返したくない、効果的な方法を学びたい人へ



新しい知識やスキル(技術)を身につけることができる



知らなかったがために恥をかいたり、損をしたり・・・。知識が多ければよりよい判断を下すことができるようになるでしょう。スキルが十分であれば、仕事の幅も広がり人生もより豊かになるのではないでしょうか?

続き:知識やスキルの不足を感じたなら


人生や人間に対する深い洞察を得られる


多くの人に実際に出会って様々な経験をすることで、多くの事を知ることできれば最高なのですが、必ずしもそうできるとはいえません。その不足分を補って余りあるのが読書です。
 
続き:人生や人間に対する深い洞察を得たい方へ


うまく言葉に表せなくても、新しい表現方法を得られる


生活しているとたくさんの事を経験します。その経験が言葉として言語化されている場合もあれば、そうでない場合もあります。言葉として認識されていないイメージのままでは、いつまでたっても自分のものになったとはいえません。読書をすると、そのあいまいなイメージが言語化されて認識することができ、自分のものとして活かされるようになります。

続き:うまく言葉に表せないとき、新しい表現方法を得たい方へ



生き方のモデルを見つけることができる


誰しも迷わずに人生を生きている人はいないのではないでしょうか。自分の理想とする生き方や、生き方のモデルとなる人物を見つけることができるかもしれません。

続き:生き方の方向性に迷ったら



獲得した知識や経験などがどれくらいか客観的に知ることができる


自分がこれまでどれくらいの知識やスキル・経験などを獲得したのかを知りたいことはないでしょうか。本を使うこの方法を用いることで、客観的に知る効果が得られます。ここでは、その方法について説明しています。

続き:獲得した知識や経験などを客観的に知りたい場合



興味や関心の対象をもっと広げることができる


少しでも自分の関心の幅を広げたいと思うのですが、新しい世界へ踏み出そうと思ってもどうやったらいいかその方法がなかなか思いつきません。思いついても一歩を踏み出すのは、なかなか大変です。そんなときは、・・・

続き: 興味や関心の対象をもっと広げたい方へ



このエントリーをはてなブックマークに追加


読書術:本の賢い読み方・選び方に戻る