読書ハック:本の効果的な読み方

 


効果的な本の読み方を考えてみたいと思います。本を読んで少しでも自分の血となり肉となれば、内面的にも優れ、充実した人生を送れそうですね。


■1.本の知識を確実に自分のものにする読み方

電子書籍リーダーのKindle Paperwhiteには紙の書籍では決して実現できないハイライトと呼ばれる機能が搭載されています。これを使うと本の知識が確実に自分のものになります。

続き:Kindle Paperwhiteのハイライト機能で本の知識を自分のものに



■2.情報を鵜呑みにしない読み方

すべての情報が正しければよいのですが、本や雑誌・新聞を読んでいると、中には判断に迷うものや本当かな?と疑ってしまいたくなるようなものがありす。また逆に、本当っぽく見えて実は違うということも起こりえます。多くの情報から正しいものだけを取得するための読み方を身につけておくことが、これからは求められるかもしれません。

続き:情報を鵜呑みにしない読み方


■3.新分野に入っていくとき

新しい仕事を始めるとき、趣味で新しいことをやろうとしているときなど、今まで知らなかった分野に入っていくときの本の読み方を考えます。
 
続き:新分野に入っていくとき


■4.全体を把握してから細部を理解する

本を読むときに、まず全体を把握してから細部を捉えていくという読み方をすると、スムーズに理解できることが多い・・・。

続き:全体を把握してから細部を理解する


■5.興味の幅を広げるには?

ある1冊の本を読んで面白かったときや、興味を持ち始めたときは、その分野に関係する本を5冊くらい(できればそれ以上)読んでみるといいと思います。

続き:興味の幅を広げるには?



■6.知識を深めるには?

同じ分野の本を複数読むことで、興味の幅を広げるだけでなく、知識を深めることもできるのではないかと思っています。ここでは、そのことについて書いてみたいと思います。

続き:知識を深めるには?



■7.大事なポイントがわかるには?

大事なポイントがわかる、ポイントを整理できる読み方というのがあると思います。それは・・・。

続き:大事なポイントがわかるには?


■8.簡単に記憶するための方法

何か物を覚えなければいけないとき、記憶に定着させる方法として、「復習をする、何度も繰り返す」、という方法を取ることが多いと思いますが、これは苦痛ですよね・・・。

続き:簡単に記憶するための方法


■9.読後に目次を確認して中身を思い出す

1冊の本の内容を少しでも多く吸収して、自分の成長につなげたいものですよね。
そのためによくやっている方法というのが、本を読み終わった後に、・・・。

続き:読後に目次を確認して中身を思い出す


■10.読書をしながら印象に残った事を書いてみる

読書をして、少しでも自分の成長につなげたいと思った場合、印象に残ったことや、学んだと思った事を紙に書き出してみると良いと思います。

続き:読書をしながら印象に残った事を書いてみる


■11.本からアイデアを得たら書き留める癖をつける

本を読んでいるとアイデアを思いつくことがよくあり、このアイデアを必ず書き留める習慣をつけることをお勧めしたいと思います。

続き:本からアイデアを得たら書き留める癖をつける


■12.本を読んで気になった箇所をペンでマーキングする

赤ペンなどで気になった箇所をマーキングしながら読み進める方法も使えると思います。

続き:本を読んで気になった箇所をペンでマーキングする



■13.ポストイット(付箋)を貼りながら本を読む

読書のスピードも落とさずに、本も汚さずに印象に残った箇所や役に立った箇所を記録する方法として有効なのが、ポストイット(付箋)を使う方法です。

続き:ポストイット(付箋)を貼りながら本を読む



■14.人生・生き方のモデルを見つける読み方

理想を言うと、「この人の生き方をそっくりそのまま真似したい!」というのに出会えれば最高だと思いますが・・・。

続き:人生・生き方のモデルを見つける読み方


■15.手を動かしながら読む

本の内容に対して理解を深めたい場合や見につけたい場合には、手を動かしながら読むと効果が上がります。

続き:手を動かしながら読む


■16.つまらない本との付き合い方

世の中すべて面白い本だけだといいのですが、どうしても自分には合わない本や、面白いと思えない本があります。そのような本の読み方は・・・

続き:つまらない本との付き合い方


■17.人生に疲れたときの読み方

生きていると人間関係に疲れたり、自分の思ったとおりにいかず打ちひしがれることなどが起こります。とても嫌な気分になり、激しく落ち込んでしまいますよね。何で自分だけこんなつらい思いを味わなければいけないのだろう、と感じるかもしれません。人生になんとなく疲労感を感じたときに本を読むと、癒されたり励まされたりすることがあります。その際の本の読み方をご紹介します。

続き:人生に疲れたときの読み方


■18.目的意識を持って読むには

本を読む際に何も意識せずに、さらっと読んでしまうのはもったいないことです。できるだけ目的意識を持って本を読みたいものです。では、目的意識を持って読むとはどういうことでしょうか?

続き:目的意識を持って読むには?


■19.繰り返し読んで内容を体に染み込ませる

繰り返し読むと良いのは知っていても、なぜそうする必要があるのか考えたことはありますでしょうか?科学的な理論に基づいて考えても、何回も読むことには理由があるのです。

続き:繰り返し呼んで内容をしみこませる


■20. 読書日記をつけて本の内容を吸収する

読んだ本の内容を自分のものにするための方法として、読書日記をつけると効果的です。
日記と聞くと毎日つけなければいけない気になってしまいますが、そんなことはありません
ここではその方法についてご紹介します。

続き:読書日記をつけて本の内容を吸収する



■21.自分の意見を持つための読み方

テレビや雑誌などで、とてもユニークでしっかりとした意見を主張されている方を見ると憧れてしまいます。自分も何かしら鋭い意見を持てるようになりたいと思ってしまいます。では、どのようにしたら自分の意見を持つことができるようになるでしょうか?

続き:自分の意見を持つための読み方



■22.難しい本の読み方

仕事で必要であったり資格試験の勉強などでどうしても読まなければならない本であった場合には、捨てるわけにもいかず困ってしまいます。かといって、無理やり読み進めても眠たくなるばかりで、理解できずストレスがたまる一方です。では、難しい本は一体どのように読めばわかるようになるのでしょうか。

続き:難しい本の読み方



■23.知識の深さを知る方法

簡単に自分がどの程度の知識を身につけたか確認する方法があると良いですね。
私もよく本を読みますが、忘れることも多くあり、本当に知識が身に付いているのだろうかと不安になることも多いです。どれくらいの知識が身に付いたかを本を使って確認する方法をご紹介したいと思います。

続き:知識の深さを知る方法


■24.原文や一次資料に触れることの重要性

情報収集や正確な知識を身につけるときに大事なのが、一次情報に触れるということです。書籍やネット上の記事には本人が言ったことや考えたことが直接書かれている場合もあれば、誰かが言ったことを伝えているだけのこともありますが、どちらを信用すれば良いものなのでしょうか?

続き:原文や一次資料に触れることの重要性


■25.歴史小説を読むときの注意点

歴史小説を読むとフィクションでもあたかもそれが本当のことのように感じてしまうことがあります。しかし、どこまでがフィクションであるかと意識しないと正しい歴史認識ができなくなる可能性があります。

続き:歴史小説を読むときの注意点



このエントリーをはてなブックマークに追加



読書術:本の賢い読み方・選び方に戻る