知識やスキルの不足を感じたなら

 


本を読むことで得られる効果として、新しい知識やスキル(技術)を身につけることができるということが挙げられます。


数学や歴史などの学問的な知識やコンピューター・英語などのスキル、そして「人生や人間に対する新しい気づき」の記事でも紹介した、人間や人生に対する知識やスキルを身につけることができると思います。


興味があるものに対して、知識を得ようと思ったとき、読書は最良の方法になると思います。


単に読むだけで知識として吸収することもできますし、「効果的な読み方」のページでも紹介しているような方法を使って、積極的に知識やスキルを身につけることも可能でしょう。


本の良いところは、必要な情報が一冊(もしくは数冊)にまとまっていて、読書をすることで求める知識やスキルに一通り触れられるということがあります。網羅的に知識を得る場合にも、特定の分野に対して深い知識を得ようとする場合にも適しています。


本の値段はたいてい4000円以内で収まります。同じような内容を扱っていたとしても、これがセミナー形式などになると、とたんに高額な料金をとられることも多々あることを考えれば、本は非常に安価に情報が得られる方法だと思います。


そして、本は何回でも読み返すことができます。わからないところがあれば、わかるまで読み直すことができます。日をおいて再度見直すこともできます。忘れてしまっても、思い出したい箇所があれば、追加料金なしに情報に触れられます。


また、耳学問という言葉がありますが、人と話したり人から聞くことで知識やスキルを身につけることもある程度は可能だとは思います。ただ、より深く身につけようと思う場合は、やはり本を読むことによって積極的に関与していくことが必要だと思います。





このエントリーをはてなブックマークに追加



読書の効果に戻る