人生や人間に対する深い洞察を得たい方へ

 


本を読むことで得られる効果としてまず挙げられるのが、読書をすることによって、人生や人間に対して今まで気づかなかったことに気づくことができるということです。


本には、他人が経験したことやそこから得られた教訓・知識などが書かれていることがあります。教訓や知識が直接かかれていない場合もありますが、本の内容を通して自分が追体験することでそこから自分なりの知見が得られることがあります。


ノンフィクションであれば、現実に起こったことが書かれているわけですから、そのまま別の人間の経験を体験し、その人が考えたことや感じたことを知ることができるわけです。


小説の場合にも、ストーリーの中での架空の人物の生き方を読むことによって、自分とは違う人生を体験することができます。


読書をせずに生きれば、自分だけの体験だけで終わってしまいますが、いろいろな本を読むことで、自分以外の様々な人生を味わい、その中で経験する様々な事象を通して、人間や人生に対する考えを深めることができます。


読書をすることによって、いろいろな経験を補う役割を果たしてくれるのではないかと思います。




このエントリーをはてなブックマークに追加



読書の効果に戻る