疲れ目・ドライアイに最適:蒸気でホットアイマスク めぐりズム

 


本を読んでいると、目が疲れてしまいます。


特に最近はパソコンを使った仕事をしている時間が増えていて、ドライアイ気味ということもあり、本を読んでいる際に目の後ろ側が熱い感じがしたり、涙の量が少なくてショボショボするといった症状に悩まされています。


このような症状を改善するために前から良く使っていた方法は、タオルを湿らせて電子レンジでチンし、温まったタオルをまぶたの上において横になるという方法を使っていました。目が温まり、ぬれたタオルなので潤いも与えてくれ、これでも十分に目の乾きや疲れがとれます。


ただ、この方法の欠点は、熱すぎるタオルができてしまったり、5分くらいしか温かさが持続しないことです。最初の温度がずっと保たれていればいいのですが、だんだん冷めてくるので、何回も電子レンジでチンしなおすということもありました。


しかし、花王から発売されている「めぐりズム 蒸気でホットアイマスクという商品をテレビで知り、早速使ってみたところ、上記のような問題点も解決しました。


アイマスクをつけて20秒ぐらいするとじわっと温かくなり始め、約40度の温度で蒸気が出て、目を温めてくれます。そしてこれが10分間続きます。


温度が10分間一定なのがとてもありがたいです。袋から出してすぐに温かくなるので、電子レンジでチンする必要もありません。とても簡単に使えるのです。


電子レンジでチンした濡れタオルを使っていたときは、だんだん冷めてくるタオルを少しずつ移動して、暖かい部分を探したりしていたのですが、これだと最初に目にかけてそのまま10分間ほったらかしでOKです。


気がつくとそのまま眠っていたりするので、安眠効果も期待できそうですね。
濡れタオルのときは、そのまま眠ってしまうと落ちたタオルで布団が濡れてしまう心配があったのですが、これだとそのまま眠ってしまっても何の心配もありません。







このエントリーをはてなブックマークに追加



読書の便利アイテム一覧に戻る