読書によって情報や知識を体系立てて効率的に学ぶことができる

 

本は知識の泉とも呼ばれます。2000年も前の時代から、人は知識を得たり様々なことを学ぶために、本を利用してきました。その理由は、本には知識が体系立てて記述されているからです。

インターネットでも情報が得られるが、効率は本の方が良い


何か知識を得たい時や学習したい時、インターネットで検索することは今の時代では当たり前になりました。実際に私もネットで検索をして情報得ることは日常的に行っています。



しかし、インターネットの情報だけでは、より深く学びたいと思った時に、あちこちのサイトを飛び回って目的のものを探さなければならないことがよくあります。

ひとつわからないことが出てきて、また別のサイトを参照するということを繰り返すのですが、行ったり来たりを繰り返すことも少なくありません。調べたいことになかなかたどり着けずに、半日を費やすこともしばしばです。こうなると、とても疲れてしまいます。


一方で、本を開いて目次を見てみましょう。第1章から順序だてて文章が記述されています。作家さんと編集者の目が通り、きちんと筋道が通るように構成されています。


読者がわかりやすいように順番に記述されているので、1冊の本を読めば、必要な知識が体系的に身につきます。インターネットのように、いくつものサイトを自分で検索して探し出す必要はありません。


本を1冊読めば、求めている知識を体系的に学べるというのは、本が持つ大きな効果です。本を1冊持っていれば、いつでも体系的にまとめられた情報源にアクセスできます。ネットのように無料ではなく、お金を払う必要がありますが、検索をしている時間を本1冊の購入代金と思えば元は取れます。時は金なりです。


インターネットで検索をして探し回っていると、ついつい関係のないページを見たりしてしまいますが、本であれば1冊の本に集中できます。時間のロスも少ないですし、集中力も維持されます。効率は本の方が高いです。


体系立てて書かれているため、階層的に知識を身につけられる




1つの知識を得ようと思ったり、特定の分野に詳しくなろうと思うと、知識の広がりに驚かされます。ちょっと調べてみたけど、わからないことが多すぎて迷ってしまったというようなことはよくあります。1つの知識を身につけるためには、いくつかの情報や知識の複合体をあわせて学ばなけらばならない、ということを物語っています。


新しい知識を得たいと思った時には、いきなり個別の事象から入るのではなく、まずは全体を大きくつかんでから個別のものに入っていくと効率的です。


本には入門的なもの、中級編、上級編というように、知識の階層ごとに書かれたものが多く、これらを順番に読んでいくことで体系的に学ぶことができます。直接的に入門編や中級編と書かれていなくても、初心者向けの内容であったり、よりハイレベルな中身であったりなど、対象とする読者を限定して執筆されることが多いです。


本は1冊で完結することもありますが、これらの本を順番に読んでいくことで、最初は浅く広く、そしてより深く知識を吸収することができます。本が体系立てて書かれているために、かなり効率が良いです。


まとめ


本は体系立てて書かれているために、何かを学習したい時や知識を得たい時には、非常に効率よく吸収することができます。1冊の本に集中することができるので、気が散ることもありません。

何か特定の領域について詳しくなりたい、知識を得たいというような場合は是非本を読んでみることをおすすめします。




このエントリーをはてなブックマークに追加